銀行カードローンのメリットって何?

銀行系カードローンのメリットとは何でしょうか

銀行カードローンと銀行「系」カードローンの違いは何でしょう。銀行系カードローンとはその母体が銀行というわけではなく、消費者金融もしくは信販会社のカードローンという位置づけとなります。ですから、総量規制の対象となってしまいます。

それでは銀行系カードローンは限度額も銀行カードローンより低く、総量規制もされるので銀行カードローンと比べるとデメリットばかりでは無いかと思われるかもしれません。けれどもそんな事は無く、銀行系カードローンにもちゃんとメリットはあります。

それは、銀行系カードローンでは即日審査、即日融資という強みがあるからです。銀行カードローンの母体は銀行ですから、審査がどちらかと言うと厳しく、結果がでるのも1週間ほどはかかります。直ぐに現金が必要なときには銀行系カードローンの方が直ぐに対応できるのです。

勤務実態があり、一定収入があれば融資を受けやすいのが銀行系カードローンということになります。総量規制の年収の3分の1と聞くと、少なく思えますが、アルバイトやパートでも年収60万円程度は可能なことを考えると、20万円ほどは融資を受けられることになります。収入+20万円と考えれば、十分という方も多いのではないでしょうか。