銀行カードローンのメリットって何?

銀行カードローンは金利が安い?

カードローンは銀行カードローンと、消費者金融カードローンに大別されます。銀行カードローンのメリットとして、まず思いつくのは、総量規制の対象外であることですが、その他にも金利の低さが特徴として挙げられます。個人向けの融資には、フリーローンや多目的ローンとも呼ばれるものがあります。これは使用目的を特に決めなくても良いローンのことですが、その中で金利を比べると、銀行カードローンが一番金利が低いのです。

フリーローン自体、目的が自由に利用できるという性質から、金利が高めに設定されています。その傾向は銀行カードローンでも同じで、全体的に金利が低く抑えられている銀行カードローンの中でも、フリーローンは少し高めに金利が設定されます。

目的別の各種ローンの審査が通らない場合があります。そのような時に、金利が少し高くなりますが、フリーローンを勧められることがあります。もしもそうなった場合には、銀行カードローンの方が金利が安くなる場合が多いです。

目的別ローンの審査に通るかどうか難しい場合には、イチかバチかで審査を受けて結局融資が受けられないよりは、最初から銀行カードローンを選択しておくという方法を選ぶこともできます。

比較サイトをつかってじっくり選ぶ銀行カードローン